どうする?子連れ旅行。あると便利な施設はこれだ!

何はなくともプールさえあれば大満足!

せっかく家族でお休みがとれたなら、たまには旅行にでも行って羽を伸ばしたくなりますよね。でも子供が小さいうちは大変だからと二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時は、子供が大好きな場所へ行けば間違いがありません。そう、それはプールです。だいたいのお子さんはプールでの水遊びが大好き。屋内で南国気分の味わえる波の出るプールがある施設であれば、季節を選ぶことなく水遊びを楽しむことができます。また、水着を着て入るタイプのバラエティ豊かな温泉施設もたくさんあるので、コーヒー風呂やワイン風呂など、ちょっと変わったお風呂にアトラクション気分で入るのも一興です。子どもと一緒に童心に返ることができて、思わぬ楽しさに目覚めるかもしれません。

コース料理よりも色々選べるビュッフェが大人気!

大人だけで旅行に行ったなら、その土地の食べ物をゆっくりおいしく個室でいただくのも旅の醍醐味ですが、小さな子連れとなるとそういうわけにもいきません。いつぐずって泣き始めたり騒ぎ出すか気が気じゃないので、のんびり味わうことも出来ませんよね。そういう時はやはりビュッフェスタイルのレストランに入るに限ります。ビュッフェスタイルだと、洋食から和食まで、自分の好きなものを選ぶことができるので、楽しみながらチョイスすることができます。少し大きなお子さんでしたら、大人と一緒にお皿を持って、自分で好みのものをよそうだけでも十分ワクワクするものです。しめのデザートビュッフェでは色々選び過ぎて食べきれないということもあり得ますがそれもご愛敬。自分でソフトクリームを作れたりしたらさらにご機嫌になること間違いなしです。

どうすればいい!?パスポートの準備の仕方について

パスポートはどこで申請ができるか

海外旅行が決まったら必ず必要になるのがパスポートです。パスポートがなければ日本から出ることもできませんよ。世界のどこにいても身分証として使える大事なものなので、旅行が決まったらなるべく早く申請書類を準備しましょう。まず申請する場所ですが、住民として登録している都道府県のパスポートセンターに行くことになります。県によっては出張所もあるので、最寄りの窓口がどこにあるか探してみるとよいですよ。パスポートを受け取るのは申請した所でしかできないので、覚えておきましょう。旅行会社によっては申請書類の準備を請け負ってくれるところがあるので、仕事で忙しい方やしっかり申請できるか不安な方は便利なので活用することをおすすめします。

パスポートの申請に必要なものについて

パスポートを初めて取得する場合、まず戸籍謄本が必要になります。本籍地の役所が発行していますが、現在本籍地に住んでいないならば返信用の封筒と手数料を郵送すれば送ってもらえるので安心です。次に住民票を準備しましょう。県によっては土日や祝日でも発行している窓口があるので、調べてみるとよいですよ。身元が確認できる書類も必要です。書類の種類によっては、2点準備しなければいけないものや1点で良いものがあります。写真も忘れないようにしましょう。発効日から利用できる期限が決まっている書類も多いです。また、代理人に申請してもらう場合は書類がさらに必要になりますよ。準備できて申請をしたら、パスポートを受け取ることができます。

海外旅行の個人手配はホテルのダブルブッキングに慣れよう

語学力や交渉力に自身が無いうちはパック旅行を手配

初めて海外旅行へ出かける場合には、パック旅行のツアー型を選ぶと良いでしょう。比較的自由時間が多いタイプのものは、防犯面で注意する必要がありますが、少なくとも宿泊先で悩むことはありません。海外旅行へ行く際には、アジア圏以外では英語とスペイン語をマスターしておけば、ほとんどの地域で通じます。旅行にトラブルは付き物ですから、本来は臨機応変に対処しながら現地の雰囲気を楽しむ大人の旅行を目指すと良いですが、慣れない内は日本国内の旅行のように完全手配をする必要があります。海外のホテルのフロントでは交渉をしている人を見かけることが珍しくありません。時間があれば何を話しているのか、確認してみるとホテルの部屋が取れていないことについて交渉している姿と分かるでしょう。

海外ではダブルブッキングは日常的に行われている

アジア地域以外のホテルでは、シティーホテルであってもダブルブッキングは日常的に行われています。実際に個人旅行を手配して向かったとしても、現地でホテルが空いていないと言われることは珍しくありません。なぜなら、最初からホテルの客室数よりも予約を多く受け付けているからです。日本国内では考えられないことですが、海外のホテルでは一見さんの場合には全員来ることはほとんどありません。75%の人が来れば良い方でしょう。そこで最初から予約を多めに取っておく習慣があるのです。同じランクのホテル同士では、近隣の提携ホテルへ希望すれば振替サービスを依頼出来ます。残念そうにしつつ、いかに良い条件で近隣のホテルへ振替案内をしてもらえるかが鍵となるわけです。

一人旅をするなら!メリットがいっぱいのバス旅行がおすすめ

バス旅行は安いだけじゃない!

一人旅をする時にどんな交通機関を使うかは行き先によって変わって来ますが、国内旅行でおすすめなのがバスを利用する方法です。バスを使った一人旅のメリットとしてまず挙げられるのが料金が安いという点です。時間はかかってしまいますが飛行機や新幹線を使うよりも安く目的地に着くことが出来ます。こうしたことから出来るだけお金をかけずに一人旅がしたい方や、旅費にかかるお金をホテルや旅館のランクを上げたり、食事やおみやげ代などに回すことも出来ますよね。また、パスなら乗ってしまえばそのまま目的地に着けるので、乗り換えのために重い荷物を持って移動する必要がありませんし、さまざまな手続きなどで時間が取られることもありません。

バスの車内で快適に過ごすためのポイント

メリットの多いバスでの一人旅ですが、ちょっとした工夫をすることでバスの車内を快適に過ごすことが出来るんです。例えばアイマスクや耳栓などがあると、音や明かりなどを気にせずに安眠することが出来ますよね。その際に空気を入れてふくらますタイプの枕を使用すると、楽な体勢で眠ることが可能ですし、使わない時は空気を抜けば邪魔になりませんよ。また、快適に過ごすにはバス選びの重要なポイントとなって来ます。バス会社によって座席の広さやシートの形状などが異なるため乗り心地などが変わって来ます。利用する際には実際にバス旅行をしたことがある人の口コミなどを参考にして、バス会社を選ぶようにするのがおすすめと言えるでしょう。